【欧州時間】損切後のドテンの根拠と取り戻しトレード

【欧州時間のFX】ロンドン外国為替市場

損切が、ついつい大きな負けとなっていませんか?

損切しなければ、絶望するほどの大きな負けが、必ずどこかでやってきます。その苦しさは、一度や二度なら経験値となりますが、そう何度も味わう必要はありません。もちろん、味わいたくもありません。

でも、ご安心ください。今回は、及川式基本トレードでの明確な損切ポイントを知ることができます。

この損切ポイントを常に意識するように練習して、自分のものにすれば、損切分は1、2回のトレードで取り戻せる力が持てるようになります。

そうなれば、損切も怖くなくなり、行くべき時に行けるようになります。あとは目の前のチャートに向き合うことを繰り返すだけです。

この損切ポイントの結論は、

伸びて然りが伸びないときは、逆を疑え

です。ドル円、ユーロポンドを強弱の中心指標として監視し、その動きから「逆に動いて然り」と判断したタイミングで損切します。

そこで損切できれば、大きな負けとなることは絶対にありません。

また、その損切ポイントはドテンするポイントともなります。

損切した直後に、損切分を取り戻し、さらに目標金額まで逆転勝利するドテン技術を学びましょう。

ヒデ
ヒデ

ここからは、及川先生の実践トレードをじっくりと見ていきましょう。

及川式の基本トレードでポンドドルをショート!

2021年4月1日(木曜日)16:00

1回目のロンドン時間トレード
  • 16:00
    (4:46)
    及川式基本トレード(ユロポン↑で、ドル円↑、ユーロドルがさほど強くない、、ならばポンドドルは弱くて然り)ということで、ポンドドル3発のショートエントリー
  • 16:02
    (5:37)
    さらにポンドドルショート2発追加。合計5発に。
  • 16:13
    (6:41)
    一気に伸びて然りのはずが伸びない。ドル円が弱くなってきたので損切。42pips、150万円ほどのマイナス
16時が始まりました。おおっ、ユロポン、力強い陽線!
あれっ!それなのにユーロドルは今、陰線
ドル円は強い…ということは?
そうです。

ポンドドルは下げて然り」ということでポンドドルショート3発!
及川式の基本トレード通りです。ユロポン↑で、ドル円↑、ユーロドルがさほど強くない、、ならばポンドドルは弱くて然りというわけで、さらに追加。合計5発です。

チャートの形も最高にいいですね!これは利食いできそう!さぁ、どこで利食いしましょう?

ココが損切のポイント

ところが、下げたのは最初の5分足1本だけ。その後は連続陽線を形成中。一気に伸びて然りだったのに伸びません。
ドル円も弱くなってきた…
ここで損切。42pips、150万円ほどのマイナス。

ドル円が強かったことがポンドドルショートの根拠の一つでした。ドル円は大き目の陰線を形成中ですが、足の確定を待つことなく、切っています。

欧州の16時スタートは、及川式の基本トレードで「行って然り」でも、万が一行かぬ時は、逆側に強くなる展開を疑うことが重要です。
ヒデ
ヒデ

なるほど!ドル円もポンドドルも、緑カクカク線(15分足10MA)を強めのローソク足で抜けてますものね。そうなったら、悔しいけど損切ですね。

損切直後の乗り換えトレード

2回目のロンドン時間トレード
  • 16:13
    (7:06)
    ドル円↓・ポンド円↓・ポンドドル↑・ユーロドル↑・ユーロポンド↑
    ユーロドルの陽線がさらに伸びていく状況で、ユーロドルロング5発に乗り換え
  • 16:15
    (7:36)
    ユーロポンド3本連続陰線・ポンドドル陽線・ドル円↓・ポンド円は崩れず
    ここでポンドドルロングを3発追加

    さらに、ドル円の復活を期待して、ポンド円ロング3発追加
  • 16:16
    ユーロ円3本連続陰線
    ここでポンド円ロング2発追加

    ユーロドル陰線・ドル円下げてこない・ポンドドル陽線
    ここでポンドドルの陽線が少し伸びた所で、ポンドドルロング2発追加
  • 16:25
    (8:51)
    ユーロポンドは陰線ながらも下ヒゲで下げてこない。ユーロが強い側なら仕方ないということで、ユーロ円ロング5発追加

    以上で、ユーロドル、ポンドドル、ポンド円、ユーロ円を各5発ずつロングで保有
  • 16:29
    (9:49)
    全ポジション2発ずつ残し利食い決済

    1回目の損切マイナス42pips、150万円からプラス28pips、60万円になる。この時点での含み益は58pipsほど。
  • 16:55
    2回目の決済。16時台の最後の5分足

    ポンド円陽線・ユーロポンド↑・ユーロドル↑・ドル円弱くはない。ここでポンド円が少し伸びたタイミングで全決済

    結果、272万円、100pipsオーバーを16時台のトレードで獲得。

乗り換えトレードの全容

ドル円は、このまま一気に下げるのか?
ポンド円は、弱い
ポンドドルは、緑カクカク線(15分足10MA)を上抜けしている。
ユーロドルの緑カクカク線は上向き。今、陽線。
ユロポンは、上昇中。当然ユーロは強い、ところがポンドも弱くないという状況。
ユーロドルの陽線が、さらに伸びていく
16:13 このタイミングで、ユーロドルのロング5発エントリー。
ユロポンは、今、陰線。だが、ユーロが強い側なので、ポンドドルのロングは見送り。
15分になりました。ユロポンは、陰線、、、ということはポンドは?
従って、ポンドドルは陽線が少し出た。ポンドも買うべきなのか?
ドル円は、大きめの陰線でMAを下割れした後、止まっている。
ドル円の下げに対し、ポンド円はさほど崩れていないように見える
ここで、ポンドドルのロングを3発エントリー
ドル円、、ここからドル円の復活もあるかもしれない、となれば、、
ここでポンド円のロング3発エントリー
ユーロ円、、ユロポン同様に16時から3本連続で陰線となっている。

少なくとも円シリーズでは動いていない。
さらにポンド円を2発追加
ユーロドルが陰線中、、ということはポンドドルのロングは危ないのか?
ドル円は、下げてこない。
従って、ポンド円も大丈夫そう。
ユーロドルの陰線に対し、ポンドドルは陽線。ユーロはさほど強くないのか?ポンドが逆転するのか?
ポンドドルの陽線がさらに少し伸びた所で、2発ロング追加

これで、最初のポンドドルショートの損切後、ユーロドルとポンドドル、ポンド円を5発ずつで、合計15発のロングエントリー。
ユーロポンドは、下ヒゲになってきた。ユーロを逆転するほどポンドは強くならないのか?

ユーロを買うしかない!

16:25 ユーロポンドが下ヒゲで下げてこない。ユーロは強そう。
ユーロポンドでユーロが強い側ならばユーロを買うしかないということで、ユーロ円ロング5発追加
16:29 30分の切り替わり直前。ドル円は弱い。
ドル相関の逆側のポンドドルは上げている。
同じくドル相関の逆側のユーロドルも上げている。
ユーロポンドはユーロが強い側。従って、ポンドドルよりユーロドルが上げている。
ドル円は弱いけど、ユーロ円もプラス。
ポンド円は、なんとかプラス。

つまり、ユーロはもちろん、ポンドも弱くないという状況は変わらない。
全体で130pipsほどの含み益。ここで5発ずつのポジションを2発ずつ残して利食い

最初の損切でのマイナス150万円から、プラス60万円になりました。つまり、70pips、210万円ほどを利食いしています。

今、ポンドドル、ユーロドル、ポンド円、ユーロ円をそれぞれ2発ずつロングで保持しています。含み益58pipsほどを残し、16:30を迎えます。

耐えることを決意した理由とは?

45分になり、ポンドドルは逆行1時間MAにタッチし、上ヒゲ陰線を出し、今も陰線中。
含み益は58pipsあったのが、14pipsほどになっています。形的にはちょっとピンチのように見えます。
ユーロポンドは上ですが、30分前ほどの勢いがユーロになくなってきています。
ポンド円は、緑カクカク線(15分足10MA)を下割れようとしています。
ユロポン強い方のユーロ円も陰線。けど、形は悪くない。
ドル円も陰線。形も弱い、、、ということは、
ユーロドルは、ここから上げても良さそうだけど、この状態、、、となると、
ポンドドルは、ここより下げるかもしれない。だが、緑カクカク線は上向き。

及川先生的には、「ここは買う所なんだよなー」ということで耐えることを決意されます。

16時台の最後の足へ向け最終チェック

16時台の最後の足が近づいてきています。

ポンド円は、緑カクカク線を一時下割れしたものの、再度すぐに上抜けし、大き目の陽線を形成中です。

全体の含み益は、16:30前の58pipsに戻ってきました。
ユーロポンドは、緑カクカク線へ向け、強めの陰線。ポンド強くなってきたのか、それともユーロが弱くなったのか?
ポンドドルは、陽線。16:45に「ここは買うところ」とつぶやいていた通り、上げてきています。

ポンド円、ポンドドルが陽線、ユロポンは強め陰線、、、
そしてドル円も陽線。ゆるっと下向きの緑カクカク線(15分足10MA)にタッチしてきました。

だけど、ポンドドルは陽線だったので、ポンド円、ポンドドルのロングは、ちょっと安心です。
及川先生のお望みは、ポンドドルの上方に引いた赤い水平線です。下向きの1時間MA(青色カクカク線)の少し上にあります。

最後の5分足の始まり

ヒデ
ヒデ

及川式は、欧州、ニューヨーク時間は、30分の時間切り替わりを目安にトレードを刻むのが特徴(東京時間は、1時間)

ポンド円、16:55の最後の5分足、、陽線スタートで始まりそうです。
しかし、ユーロポンドは、陽線スタート。ポンド伸びないか?
ユロポン強い側のユーロドル。こちらは順調に押し目から伸びつつあります。
ドル円も弱くない、ユロポンは陽線、、だったらユーロ円は上げて然り。

直近の実体を上抜けようとしています。
ポンド円が、少し伸びたタイミングで全決済

16:30前の58pipsの含み益を更新し、74pipsまで伸ばしました。

16:45には一時、14pipsほどまで含み益を減らしたいたのですが、耐えるという判断が的確でした。
全トレードの履歴。

まとめ

ポイントは、

・行って然りが行かない時は逆に強い
・ドテンする際の一番の根拠

1回目のトレードは、行って然りでしたが、伸びませんでした。

ドル円とユーロポンドの動きを中心に他の通貨の動きを見て、損切とほぼ同時に乗り換え、追加しています。

初心者にはとても真似できないかのように思えるトレードですが、1回目の及川式の基本トレードは、真似できるはずです。

今回は、「行って然りが行かない」だったので、損切となりましたが、乗り換えはできなくても、あの場面での損切は判断できるようになっておきたいものですね。

私としては、基本トレードを愚直に繰り返しつつ、徐々に乗り換えや分割決済も練習して、及川式トレードのスタイルに近づいていきたいと思っています。

ヒデ
ヒデ

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました